1. 就労支援
  2. 働く力を身に着ける

働く力を身に着けるCOLUMN

さらぽれコラム

働く力を身に着ける

  • 執筆担当:T
  • DATE:2016/02/25

さらぽれの訓練って

今日、多くの就労移行支援事業所があり、どこを利用していいか迷ってしまう方も少なくありません。

もちろん、どこも見学や体験もできると思いますが、せっかくなので、このコラムでさらぽれでの訓練風景の一場面をリポートします。時々、解説も入れてみてみましょう。

 

-----------------------

訓練生「○○さん、今お時間よろしいでしょうか」
職 員「はい、なんでしょうか」
訓練生「依頼されていました出勤簿とりまとめ業務が完了しましたので、ご確認お願いします」
職 員「はい、確認しますので、少々お待ちください」
訓練生「宜しくお願いします。失礼します」

-----------------------

上記はさらぽれではよくあるやりとりです。

業務の完了報告を上司としての職員にしていますね。報連相は仕事の基本ですからね。

このように実際の業務を通じて訓練します。では、実務での訓練に取り組むことはどういった意味合いがあるのでしょうか。

 

さらぽれでは最初の4ヶ月間を基礎コース、その後は就職準備コースとして訓練します。
基礎コースでは、WordやExcelなどのビジネスアプリケーションや報連相のようなビジネススキルの基礎訓練をメインに行っていき、土台からきちんと修めるカリキュラムになっています。
就職準備コースは実務での訓練となります。冒頭でのやりとりであるように、一人一人が業務を担当しています。もちろん訓練生同士でも業務のやりとりがあります。

就職準備コースをみてみよう

-----------------------

訓練生Aさん「消耗品在庫管理業務の引き継ぎをしたいのですが、何時からできますか?」
訓練生Bさん「ちょっと待ってくださいね。あ、今日は午後いっぱい面接練習が入っているの

       で、午前中に完了したいです。11時からでも良いですか」

訓練生Aさん「はい、大丈夫です。では、11時からお願いします」
訓練生Bさん「宜しくお願いします」

 -----------------------

引き継ぎも立派な仕事です。教えることはその人にとって有意義な訓練でもあります。

自分で何となく覚えているだけではきちんと相手に伝えることは難しいですし、何より質問に答えることができません。

例えば、「この手順3で、一度別ファイルに上書きしているのは何故なのですか?」という質問。

もし、ただ何となく手順を追うだけの仕事をしていると、その質問に答えることは難しいです。

それは手順だけでなく、業務も同様です。きちんと意味から理解しようとする姿勢の人は業務の意義を見いだせる人です。そういう人にとってはどんな仕事においても『雑務』という概念はないのでしょう。
また、他にも重要なポイントはありますね。Aさんは引き継ぎを今からすぐに行おうとするのではなく、時間の調整から入っているのも良いですね。Bさんも日ごろからスケジュール管理の習慣があるので、空き時間の計算が早いですね。中々のものです。

ここで少しまとめると、引き継ぎというタスクにおいて以下の訓練が見込まれるということですね。
・説明する力
・業務を理解する力(マニュアルを読む力)
・時間調整のスキル
・スケジュール管理のスキル  など

このように実務での訓練というのは、仕事をするのに必要なスキルを複合的に訓練するメリットがあります。そして、訓練を通して成長するためには、今、自分の課題は何かと認識して取り組むことが大事になってきます。

例えば、「自分はつい相手の都合を考慮せずに依頼してしまうな」という人は「まずは相手の都合を確認する」ことを目標とすることで、日々、自分の課題改善に向けて訓練することができます。

右図のように、試行錯誤しながら成長することができます。もし、自分の課題や目標を設定しないでしまうと、その場で引き継ぎがうまくいったとしても、それはただ相手が合わせてくれただけだったり、たまたま時間がその時空いていたり、という偶然にすぎません。きっとその人は「引き継ぎ」というタスクは完了したとしても、「相手の都合を確認する」という仕事をするにあたっての大事なスキルを見過ごしてしまうことになってしまう。それは非常にもったいないことです。なので、必ず課題や目標を明確にすることが大事なのです。

 -----------------------

「それでは16時になりましたので訓練を終了します。起立、気を付け、礼」
「ありがとうございました」

 -----------------------

どうやら、訓練が終わったみたいですね。

それでは、リポートの方もこの辺で終わりたいと思います。

 

最後に、さらぽれでは「安定して働き続ける力」を身に着けるために、実際の業務を通して自らの課題を解決を目指しています。その際も、職員が最初から解決策を提示するのではなく、まず自分が主体的に考えて試行錯誤することを方針としています。そうすることで、働いた先で起こるであろう問題に取り組む力を養うためになります。そして、それこそが「安定して働き続ける力」となっていくのです。

 

====================

さらぽれでの訓練に関してのコラムは以下からでもご覧いただけます!

  • さらぽれの基礎コースってどんなもの?>こちら
  • ビジネス基礎研修って具体的にどんなもの?>こちら
  • グループ学習>こちら
  • 実務をチームで取り組む重要性>こちら

さらぽれでは、見学や体験は無料でご利用できますので、ご気軽にお問い合わせください!

本コラムの執筆担当

ご不明点・詳細資料のご請求はお気軽にお問い合わせください!

お電話での問い合わせ(受付時間:平日9:00〜17:30)

千歳台事業所 03-6424-5455
秋葉原事業所 03-6806-0350
池袋事業所 03-5944-9123
横浜事業所 045-440-5557
  • お問い合わせ
  • 資料請求

お電話での問い合わせ(受付時間:平日9:00〜17:30)

  • 千歳台事業所 03-6424-5455
  • 秋葉原事業所 03-6806-0350
  • 池袋事業所 03-5944-9123
  • 横浜事業所 045-440-5557
  • お問い合わせ
  • 資料請求