1. 職業指導
  2. 自信の正体は ・・・ 考察シリーズ1

自信の正体は ・・・ 考察シリーズ1COLUMN

さらぽれコラム

自信の正体は ・・・ 考察シリーズ1

  • 執筆担当:秋田
  • DATE:2016/12/05

◆「自分に自信が持てないんです。」

 

面談をしているとこういった声をたくさん聞きます。

 

何を隠そう、私自身だって常に自分に自信を持っているわけではありません。

自信にありふれ、堂々と生きている人にすごく憧れます。

 

ですが人からは「秋田さんはいつも自信にあふれていますね」なーんて言われて戸惑ってしまうこともあります。

 

自分が見る自分と、他人が見る自分で認識が違うようですね。

いったい自信ってなんでしょうね・・・。

 

今回は「自信」という言葉の意味を辞書を片手に一緒に考察してみようと思います。

 

 

【自信:自分で自分の能力や価値などを信じること。自分自身を信じる心。】

 

 

辞典ではこのように出てきました。

 

自分を信じる と書いて「自信」ですから、そりゃそうですね。

 

では「自信がない」場合は、「自分を信じることができない」、という状態だと仮定しましょう。

 

次に「自分の何を信じることが出来ないのか?」 と考えてみましょうか。

 

先ほど調べた文章から「能力や価値」という部分に焦点を当ててみましょう。

 

  • 自分の能力を信じることが出来ない。
  • 自分の価値を信じることが出来ない。

 

ゆえに自信がない。ということですね。

 

ではどんどん掘り下げてみましょうか。固く考えず楽しく探求していきましょう。

 

まずは①能力 について辞典で引いてみると・・・

 

【能力:物事を成し遂げることのできる力】

 

と出てきます。よって

 

「自分が物事を成し遂げることができないと信じてしまっている状態」

 

これが①の自信がないという状態だと考えることが出来ます。

 

 

次に②価値 について辞典で引いてみましょう。

 

【価値:その事物がどのくらい役に立つかの度合い】

 

なるほど。ここでのキーワードは「どのくらい役に立つか」というところではないでしょうか。

 

「役に立つ」って何に対してでしょうかね。

 

つまり、

「自分という人間が、何かの、誰かの役に立っていると思えない状態」

 

これが②の自信がないという状態だと考えることが出来ます。

 

 

まとめると、自分に自信が持てない状態というのは

「自分が物事を成し遂げることができないと信じてしまっている状態」

「自分という人間が、何かの、誰かの役に立っていると思えない状態」

この二つを信じている状態なのですね。

 

ああ私はそんな風に自分を思っていたのか・・・。

 

今回のコラムでは考察するまでで終わります。

いずれ機会があれば対策についても考察していきたいと思います。

本コラムの執筆担当

ご不明点・詳細資料のご請求はお気軽にお問い合わせください!

お電話での問い合わせ(受付時間:平日9:00〜17:30)

千歳台事業所 03-6424-5455
秋葉原事業所 03-6806-0350
池袋事業所 03-5944-9123
横浜事業所 045-440-5557
  • お問い合わせ
  • 資料請求

お電話での問い合わせ(受付時間:平日9:00〜17:30)

  • 千歳台事業所 03-6424-5455
  • 秋葉原事業所 03-6806-0350
  • 池袋事業所 03-5944-9123
  • 横浜事業所 045-440-5557
  • お問い合わせ
  • 資料請求